キミノの大冒険

トレイルランニングによって感じたことを綴っていきます♩

初心者上級者関わらず楽しんだFTR

アスリートとしてFTRへの想い入れがあり(前回を参照:下のリンクより)、住んでいるところから近いのもあり、試走を3度した。(100kいっきに走れないので、3度に、、、といっても3度でも全部回れなかったけど…)

k1m1n0.hatenablog.jp

 

1回目の試走は9月19日 飯能中央公園~顔振峠26k

飯能駅からすぐトレイルに入れ、すぐに自然を楽しめる初心者向けのコースだと感じた。巾着田のイベントがちょうど開催されており、曼殊沙華の開花がピークの時期だったらしい、カメラを持って行っていたので、すごく興奮した。

 

f:id:k1m1n0:20171205164935j:plain
f:id:k1m1n0:20171205165801j:plain

f:id:k1m1n0:20171127112705j:plain

綺麗に撮れた(*^^*)


遊び過ぎたせいもあり、50k予定が鎌北湖ですでに満足気分。笑 ジブリ思い出のマーニー』のような景色にうっとり。ついついココでもゆっくりしてしまった。 

f:id:k1m1n0:20171130103113j:plain

すでに諦めモードの時。笑

 

2回目の試走は10月25日 道の駅ちちぶ~名栗 35k

スタート場所から見える最初の山、武甲山。険しい山が麓から伺える。いっきに登るこの坂のつらさを本番前に体験しときたかった。武甲山の初めは、マイナスイオンがたっぷり感じられる川沿いだった。この日は台風後で増水していたが、レース当日は静かにちょろちょろ流れており、印象が全く違いそれも面白い一場面だった。最初のサポートエリアの名栗までこの日はしっかり走れた。

f:id:k1m1n0:20171130102330j:plain
f:id:k1m1n0:20171130105126j:plain
台風が明けた日に行ったので増水していた。右の川沿いの写真はコースから少し外れたところ。

3回目の試走は11月3日 ①子ノ権現~東峠 12k

鹿児島から東京に遊びに来たランナー友達がトレランをしたい、ということで、わたしの試走兼ねて飯能へ。ロードとは違う、走れなさや息切れ、朝イチのトレイルの気持ちよさ、景色の壮大さ、どれも新鮮に感じてもらえた。アップダウンが何度もあって、なかなかタフなコース。初心者の友達連れて、ワイワイ楽しんだ。

f:id:k1m1n0:20171205171206j:plain
f:id:k1m1n0:20171205170215j:plain
f:id:k1m1n0:20171205170219j:plain

f:id:k1m1n0:20171205171016j:plain

早朝スタートしたこの日は紅葉がすごくきれいだった。

②飯能公園~北向地蔵 16k

遊んでいたら間に合わなくなったので、途中電車に乗り、飯能駅へ。当日のサポートをお願いしたなっちゃん達と合流。実際のエイドの個所を見てもらいたかったのもあり、誘ったところ快く来てくれた。コースとはちょっと離れるけど、ドレミファ橋を通って遊んだり、少し岩場のあるコースだけど小さい子供も登っているルートでアドベンチャー感を感じてもらったり、紅葉シーズンの飯能の山を堪能してもらった。

f:id:k1m1n0:20171205173017j:plain
f:id:k1m1n0:20171205172106j:plain
f:id:k1m1n0:20171205170240j:plain
f:id:k1m1n0:20171205172241j:plain


みんなが楽しめるように、山メシも一緒に走ってくれたメンバーが作ってくれた。しっかり食べた後はカラダが動くように!食べることの大切さも感じてもらった。

f:id:k1m1n0:20171205172447j:plain
f:id:k1m1n0:20171205170227j:plain

 

 

レースで走っているとき、ココは誰と走ったなぁ~、あの植物は今どんな顔してるかなぁ~、試走の時よりもスムーズに走れるなぁ~。そんなことを考えながら走ったらあっという間だった。

 

 

トレイルランニングって不思議だ。

 

上り坂で息が上がって苦しい、下り坂が怖い、ココは走りやすくて楽しい、上手く走れなくて悔しい、絶景に感激、食べ物が美味しい、ウエアが汗でびっしゃり、風が強くなり不安、みんなと走れて嬉しい。。。。

 

人が本来感じる喜怒哀楽 を素直に出せるところ。楽しいだけじゃない、今の自分じゃクリアできないことがたくさんある。それを少しずつ改善していき、より良くしていく。

 

人生をギュッと凝縮してるんだな、と感じた。

 

レースは、自分の今の現状を知れるところ。そして、不特定多数の人と自分を比べることができ、自分の得意・不得意を知れる時間。

 

今回私はこのレースをとても楽しみにしていた。なぜかと言うと、強い女性トレイルランナーが集まっていたから。女性の走りはすごく勉強になる。中々、そんな機会は無いから、今回のレベルの高いレースはワクワクした。

 

そして、このコースもまた好きになった。駅からすぐトレイルに入れて楽しめる。いろんなトレイルの雰囲気があるので、初心者上級者関わらず楽しめる。ルートも色々。そのコースをトレランをしてみたいという友達と、サポートしてくれる仲間と、走れるそんなコースはなかなかないと思う。

 

知れば知るほど魅力的なコースである。

 

そして、気づいた事がある。

f:id:k1m1n0:20171205171441j:plain

FTRに向けて取り組んだ日々は決して忘れない。