キミノの大冒険

Next Challenge OMAN by UTMB 28-30 NOV 2019

出会いと文化に触れたオマーン2日目

今日はスタート地点、ゴール地点、そしてオマーン最高峰のシャムス山へ向かいました。

 

f:id:k1m1n0:20191124045731j:image

ご飯はサポートチームの手料理で日本の味付けをしてくれるので、お腹いっぱい美味しく食べられています。

今日は山の中の時間が長いので、おにぎりを作ってもらい皆んなで食べました。

 

f:id:k1m1n0:20191124045906j:image

 

移動中から見えた景色は、またオマーン らしさ満点。ラクダや牛が運ばれていました。

 

f:id:k1m1n0:20191124050003j:image

 

100マイルは250名と少ないメンバーですが、スタート地点には看板も既に設置され、テンションが上がります。

 

f:id:k1m1n0:20191124050104j:image

 

ゴール地点を見ていると、現地の方が何やらスパルタンレースのフィニッシャーTシャツを着ており、声をかけてみました。

 

山の状況や、レースの内容、気温について詳しくいろいろ教えてもらいました。とにかく寒暖差が激しいのを注意すべきだという事でした。

 

 

 

 

f:id:k1m1n0:20191124051926j:image

 

残念ながらシャムス山は当日まで行くのは難しそう。車で登れるルートがあったものの、軍の施設で入れず、その奥の街へ順応も兼ねて走りました。

 

f:id:k1m1n0:20191124052302j:image

 

最高な景色に急な傾斜も走れてしまう。息は上がるけれど、もっと走りたい。

 

f:id:k1m1n0:20191124052412j:image

 

夕暮れになり、ピュースポットが夕日に照らされ、岩肌が綺麗に輝く。本番もここを走るのかと思うと、スケジュール通りに走りたい欲が大きくなる。

 

どうにかして日が暮れる前にこの景色を見ながら走りたい。

 

f:id:k1m1n0:20191124052610j:image

 

走る人が珍しいらしく、お兄さんが一緒に走ってくれました。オマーンの方々は本当にいい人ばかりで、そして英語を話せて会話ができる。

 

わたしは小学生レベルの会話だけどね。笑

 

コーヒー飲んでってよと、お家に招待してくれました。

 

f:id:k1m1n0:20191124052825j:image

 

女性は宗教上、写真を撮ったらダメですが男性の方々は快く受け入れてくれ、カメラに興味を持ち逆に撮影してくれました。

 

f:id:k1m1n0:20191124052945j:image

 

僕たちが作ったコートだと着せてくれ、肩まで組んで写真を撮ってくれました(o^^o)

 

f:id:k1m1n0:20191124053057j:image

 

最後には女性たちが作って売っている小物を紹介してくれ、皆んなでお土産に買わせてもらいました。

 

一つ1オマーン 。だいたい280円くらい。

 

本番はコレをつけて走りたいと思います(*^^*)

 

ここでまた会えるといいな。

f:id:k1m1n0:20191124053223j:image

 

素敵な出会いの1日でした。

 

https://www.instagram.com/p/B5OH3nDBB00/

オマーンの方々の文化に触れた2日目。

 

 

 

 

現在、毎日ブログ12時更新チャレンジしています!

女性アスリートとして、山の運動生理学についてなど、トレイルランニングを通して得た情報を発信していますので、よかったら下の画像をクリックして応援してください

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村