キミノの大冒険

New Adventure Starts Here

2019年後期のレース予定

今年の秋にまた100mileに挑戦できることになりました。UTMFからポカーンとあいた100mileへの欲。今年中にチャレンジできることに感謝します。

https://www.instagram.com/p/BwvvojKhC2T/

 UTMFの事情はこちらから☝︎

 

2019年後期のレース予定

10月13日 ハセツネCUP:71.5㎞/D+4100m?(57.3)

11月03日 下関海響マラソン:42.195㎞

11月10日 日光国立公園マウンテンランニング大会:40㎞/D+2339m(58.5)

11月28日  Oman by UTMB:170km/D+10400m(61.2)

 

ハセツネは、昨年の自分との差を見れるように。フルマラソンは、スピードトレーニングの効果がどのくらい出ているか。日光は初トレイルレースの友人と楽しく。そして、オマーンで人生2度目の100mileチャレンジです。

 

100mileへの挑戦再び

2019年後期の一番の大冒険はOmanの100mileです。なかなかチャレンジすらできない100mileをうまく走りたい。その気持ちは、日々増えていくばかりです。

 

f:id:k1m1n0:20180529163716j:plain

眠くて走れずカラダが冷えてしまった初めての100mile

 

100mileをはじめて走った2018年のUTMFの反省は6つあげました。 

  1. 魔の23時 眠くてしょうがない
  2. 股関節の違和感 ゆっくり走ることに慣れていない
  3. 摂取頻度の固定概念 ジェルにとらわれ過ぎた
  4. エイド時間 ダラダラし過ぎた
  5. 選択トラップ 選択肢の多さが疲労に
  6. 不慣れなメディア 動画の不慣れさ

 

元の記事はこちらから☟

k1m1n0.hatenablog.jp

 

100mile対策として、1の眠気対策、2のスピードコントロール、3の自分なりの補給法、5の決断力、まずはこの4つを軸に、トレーニングを組み立てる必要があると思っています。

 

 

 

前期のレース終えて後期に向けて試みていること

100mile対策を踏まえつつ、前期のレースの結果からこの夏の課題を4つ挙げて取り組んでいます。

 

  1. 中強度の距離走やインターバル走
  2. 行ったことない山でのトレーニング
  3. トレーニング中の食べ物、荷物の管理
  4. 女性ホルモンとの対話

 

1のトレーニングは、心拍数が160~175bpm(最大心拍数の80~90%)くらいの中強度で30㎞前後ロードやクロカン走やトラックでのインターバル走です。このトレーニングの回数を増やしました。もちろん、100mileをする上で距離は短いのは分かっているのですが、今年の2月の笠戸島、6月の世界選手権での結果を受けてベースの走速力が落ちていることを身に染みて痛感しました。フルマラソンを3時間を切るくらいのスピードが無いとダメだと考えたのです。

 

そこでお願いしたのが、白方さん率いるサブ3女性チームの仲間入り。

詳細はこちらから☟

k1m1n0.hatenablog.jp

 

色々理由あげましたが、単に夏場の暑い時期に、仕事前のトレーニングとして30㎞以上はもたなかったとうのが正直なところ。笑

 

 

f:id:k1m1n0:20190905104735j:plain

この夏は自前テントでベースキャンプを拠点にたくさんの山に行きました

2と3というのは、行く山の回数と種類を増やしました。行ったことないところの山にいくことで、スピード感覚と荷物や食べ物、ギアのセレクトを学ぼうと考えました。マイコースでのトレーニングもたくさんの利点がありますが、山の種類を増やすことは、今の私にとって最も効率良いトレーニングになっています。

 

ただなんせ自分で山の情報に、交通網に、ウェアやギアの選択の情報収集が苦手でしょうがなかったのです。情報収集に苦戦しながらも、最適なアプリを見つけたことがターニングポイントとなりました。この話はまた次回に♩

f:id:k1m1n0:20190905104614j:plain

行ける山が増えて嬉しい

 

4の女性ホルモンとの対話については、昔からの悩みですが、しっかり向き合うことに決めました。まずはこちらも情報収取ということで、学会や病院へ足を運んでいます。

k1m1n0.hatenablog.jp

 

知らない、というのは損だな、と感じる今日この頃。1番苦手な情報収集に取り組むことで、パフォーマンスがどう変わるのか。2019年後期は、自分に真正面から向き合いながらトレーニングに励んでみたいと思います。