Kimino Miyazaki

キミノの大冒険

これからの女性スポーツを明るくするのは今のわたしたち

先日、ある大会の表彰式を見て思ったこと。なんで男女で賞金額が変わるのだろうと。別にお金が欲しいわけではなく、数字として出されてしまうと目についてしまった、世の中では女性は男性の3分の2の価値として評価されているのかなと。

 

トレイルランニングでも、男性と女性の表彰される人数が違ったり、メディアでの取扱方も違う。それは参加者数だったり、レベルはもちろん違うのはわかっているのだけれども。

 

なんてちょっと否定的に考えていたんだけども、女性がスポーツに進出したのはまだま最近の話。女性が選手として初めてオリンピックに参加できるようになったのは1900年(第二回近代オリンピック)からなので今から120年前。オリンピック出場選手に占める女性選手の割合は、2020大会で過去最高の48.8%となる見通しだったという。

 

f:id:k1m1n0:20210215180126p:plain

f:id:k1m1n0:20210215180133p:plain

男女共同参画局ホームページより作図

引用先:オリンピック出場選手に占める女子選手の割合(世界と日本)

 

女性がスポーツに参加できるような世の中にしてくれた先輩方の流れを、今度は私たち現役女性アスリートたちが今の環境に甘えることなく、より高みを目指すことで、これからの若い世代が活躍できる場が増えるんだなと。

 

まだ未婚の私のようなアスリートには、結婚・出産という大きなライフステージの変化の中でも変わらず、むしろパワーアップして活躍されるアスリートを目の前に見れたことが、この冬大きな出来事でした。

f:id:k1m1n0:20210215180043j:plain

まだまだ女性はこれから

 

女性アスリートとして、大学院で学んだ山の運動生理学について、環境問題についても、トレイルランニングを通して得た情報を発信していますので、よかったら下の画像をクリックして応援してください♩

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

トップへ戻る